通信技術者の収入・仕事内容、良い点、悪い点は?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>通信技術者の収入・仕事内容、良い点、悪い点は?

通信技術者の収入・仕事内容、良い点、悪い点は?

技術者の仕事にもいろいろな種類がありますが、中でも通信技術者は電話会社・携帯電話会社・インターネット事業者などで活躍中です。

そんな通信技術者の収入や仕事内容について、関連資格の情報とともに解説します。

[ad#ad-1]

1.電気通信機器・施設の設計・施工・保守管理が主な仕事

現在では電話回線やインターネット回線を通じて情報が瞬時に伝わるようになりましたが、日本全国に張り巡らされて世界ともつながるそれらの通信網は電気通信事業者が整備した社会的インフラです。

そうした通信インフラを支える通信技術者は、NTT各社に代表される電話会社や携帯電話事業者・インターネットサービスプロバイダ・通信機器メーカーといった企業で働いています。

通信技術者の仕事内容は所属先の企業によって異なりますが、いずれも電気通信機器や施設の技術面に関わる仕事という点では共通するものです。

新しい通信技術や通信機器の研究開発に従事する技術者もいれば、通信網の整備や通信機器の設置と保守管理を担当する技術者もいます。

営業や事務などを担当する社員とは違って通信技術者は機械と向き合う時間の長い仕事ですが、技術職と営業職を兼ねたセールスエンジニアとして働く社員も少なくありません。

2.大手通信会社の平均年収は800万円以上

通信技術者の勤務先にはいろいろな種類の企業があって仕事内容もそれぞれ異なるため、給与水準も一律ではありません。

通信会社や通信機器メーカーに勤務する技術者全体の平均年収を推測するデータは見当りませんが、営業なども含めた社員全体の給与水準は推定可能です。

中でもNTT各社や3大携帯キャリアなどの大手通信会社は経営規模が大きく、社員の平均年収も概ね高水準となっています。

約21万円から22万円の大卒初任給は平均的な水準ですが、大手通信会社社員の平均年収はいずれも800万円を上回るのです。

電気通信事業者にはNTTや3大携帯キャリアなど伝送路設備を持つ企業の他にも、インターネットサービスプロバイダのように他社の通信回路を借りて通信事業を展開する企業もあります。

そうした企業は大手通信会社ほど経営規模が大きくないため、勤務する通信技術者の年収も500万円以下にとどまる例も少なくありません。

3.通信障害が発生した場合は甚大な影響

伝送路設備を保有する電気通信事業者だけでも前述の各社に加えて電力系通信事業者やケーブルテレビ会社・鉄道会社などが含まれ、それぞれ独自の通信網を展開しています。

伝送路設備を持たない電気通信事業者もインターネットサービスプロバイダだけでなく、VAN回線を提供する付加価値通信網提供会社や情報サービス会社・警備会社など多種多様です。

そうした通信会社では技術者が新たな通信技術の開発や通信網の敷設などに従事してますが、既設通信回線の保守管理や障害発生時の復旧対応なども通信技術者にとって重要な役割となります。

大規模な障害が発生した場合は通信インフラが麻痺に陥る恐れもあることから、被害を最小限に食い止めるため通信技術者も総力を結集して事態の収拾に当たらなければなりません。

新たな通信技術の開発は通信技術者に課せられた使命とも言えますが、そうした障害の発生を完全に防ぐことは困難で、場合によっては責任を問われる事態にも発展しかねないのです。

4.通信技術の最先端を走る仕事にやりがい

通信技術の進歩と通信障害発生のリスクは表裏一体の関係にあるだけに、絶えず新技術の開発を求められる通信技術者にとっては安定運用だけを最優先とするというわけにはいかない事情があります。

ライバル他社との技術開発競争が繰り広げられる中、通信各社で働く通信技術者は常に障害発生リスクを想定しながら通信インフラの整備や維持管理に取り組んでいるのです。

大手通信会社では開発担当のエンジニアと保守運用担当のエンジニアの間で役割が分担されていますが、どの担当部署であっても最新の通信技術と接することができる点は仕事の大きなやりがいにつながります。

技術者を志すほどの人は電気通信技術や工学への関心が人一倍高いだけに、自分の得意分野を仕事に生かせる点は何物にも代えがたい魅力です。

人々の生活を豊かにする通信技術を自分たちが支えているのだという職業意識も、通信会社や通信機器メーカーで働く技術者にとって仕事の大きな励みとなっているのです。

5.通信会社への就職で有利になる学歴や資格

高度に発達した電気通信事業を支える通信技術を理解するには、ある程度の専門的な教育を受ける必要も出てきます。

一般にエンジニアと呼ばれる職業に就いている人の多くは、大学や専門学校で工学・機械・電気・情報処理などの分野について専門的に学んできた人たちです。

通信技術者を目指す場合は、電気通信工学や情報システム工学などの学部・学科がある大学や専門学校などがこれに該当します。

特に大手通信会社は技術系を含む総合職の採用条件を大卒以上としている企業が多いことから、通信技術者として高収入を狙うなら工学系の大学が有利になってきます。

中途採用も含めて通信技術者としての就職を目指す人は、電気通信主任技術者や陸上無線技術士の国家資格を取得しておくと採用の可能性が少しでも高くなるものです。

電気通信主任技術者の国家試験には特に受験資格がありませんが、合格率は20%前後で難易度がやや高いため、合格するにはしっかりとした受験対策が欠かせません。

高い需要と給与水準が期待できる通信技術者

SNSやネット通販などは、通信インフラが整備されたからこそ実現可能となった便利なサービスです。

そうした通信インフラの開発や保守運用に従事する通信技術者は、専門性が高く誰にでも務まる仕事でないだけに社会的貢献度の高い職業と言えます。

そのため大手通信会社ほど通信技術者を優遇し、高い給与水準で雇用しています。

スポンサードリンク

通信技術者の収入・仕事内容、良い点、悪い点は?に関連する記事

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。