バイヤーの年収や月収は就職する企業で違う。将来の流行を予測するのがやりがい!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>バイヤーの年収や月収は就職する企業で違う。将来の流行を予測するのがやりがい!

バイヤーの年収や月収は就職する企業で違う。将来の流行を予測するのがやりがい!

バイヤー 仕事の年収・月収

バイヤーの仕事の月収は就職する企業によっても異なりますが、およそ20万円から40万円、年収は300万円から500万円と差があります。都心の大手百貨店ともなると年収は800万円以上となります。
バイヤーは通常の販売員よりも高い年収を得ることが可能で、一般的な販売の仕事よりも100〜200万円ほど年収に差が生まれます。

スポンサードリンク

バイヤーは、消える職業?消えない職業?

バイヤーは今後も消えない職業です。
商品を販売する企業やお店では必ずとって良いほど必要になる職業であり、より良い商品を仕入れるためには重要な役割となっています。
バイヤーは様々な業種で活躍しており、アパレルメーカーや食品メーカー、宝石メーカーなど働くことができる企業は数多くあるため、今後も消えない職業となります。

バイヤー 仕事の将来性・安定性

バイヤーの仕事の将来性については業種によっても異なり、近年では不況のため低価格なショッピングモールや安価な商品を求める人が増えています。そうした状況の中でも売れる商品を見極めて選択してく力があれば将来性にも期待できます。
大手企業に就職することができれば安定性のある収入を得ることもできますが、特に百貨店のバイヤーは収入も多く年収にも期待できます。

バイヤー 仕事のやりがい・本音

バイヤーの仕事のやりがいは、将来の流行を予測して商品を見つけ出し、それが実際に売れた時にやりがいを感じます。
バイヤーは季節の移り変わりとともに新しい流行を予想して商品を買い付け、その予想があたりヒット商品を手がけられれば非常に強いやりがいとなります。
しかし、買い付けた商品が全く売れないこともあり、流行を予測するのは難しいのが本音で、大きな損害を受けてしまう場合もあります。

バイヤー 仕事の良い点

バイヤーの仕事の良い点は、時代を先取りする面白さと、次のシーズンに向けた流行を見極める面白さがある点です。
バイヤーはその商品に魅力があるか、お店で手に取ってもらえるかを考えながら仕事をしていきます。バイヤーとしての実力があれば様々な場所で働くことができることも良い点で、自分の力で流行を作り出すこともできる仕事です。

バイヤー 仕事の悪い点

バイヤーの仕事の悪い点は、流行を見極めて予測することは非常に難しく、仕入れた商品が売れずに損害が出てしまうこともある点です。
仕事に慣れたベテランのバイヤーでも必ずヒット商品を見つけ出せるわけではなく、常に最新の情報を得て流行に敏感になる必要があります。
バイヤーは失敗しても成功するまで何度も挑戦し続ける心意気がなければ務まらないのも悪い点です。

スポンサードリンク

バイヤー 仕事の内容

バイヤーの仕事の内容は、流行に合わせた商品や次のシーズンに売れる商品を見極めて買い付けを行います。
バイヤーが買い付ける商品には様々なものがあり、洋服、宝石、食料品などたくさんのジャンルの中から自分が担当になった商品を大量に買い付けて店頭に並べて販売します。百貨店や量販店では複数のジャンルを任されることもあり、時代の流れを考えて仕事を行います。

バイヤー 仕事に必要な資格

バイヤーの仕事に必要な資格は特にありませんが、持っておくと良い資格は販売士の資格です。
販売士はマーケティングや販売管理の知識を元に取得できる資格となっており、3級から1級まであります。1級販売士の合格率は20%前後と難しくなっているため、取得できれば強いアピールポイントとなります。
バイヤーは商品販売のほか、仕入れのために海外へ派遣されることもあるため、英語やそのほかの言語を話せると仕事の幅を広げることも可能です。

バイヤー 仕事に必要なスキル

バイヤーの仕事に必要なスキルは、将来の流行を見極める力と、買い付けを行うための行動力です。
百貨店やアパレル業界などは海外の商品を取り扱ったり、大量の商品を仕入れる必要があるため買い付けの失敗が許されない場合が多くなります。
バイヤーは長い期間をかけて経験と知識を得て一人前になり、それでも失敗してしまう可能性があります。流行を先取りするスキルが仕事に必要となっています。

バイヤー 仕事のまとめ

バイヤーの仕事は商品を買い付けて商品を販売することです。大量の商品を買い付けることも多く、商品が売れなければ会社に大きな損害が出てしまいます。
バイヤーはこれから訪れる流行を先取りし、それを見極めて最適な商品を見つけ出す能力が重要になります。失敗をおそれず魅力的な商品を見つけ出すことができれば、新しい流行を自ら生み出せる仕事です。

スポンサードリンク

バイヤーの年収や月収は就職する企業で違う。将来の流行を予測するのがやりがい!に関連する記事

人気記事ランキング