ゲームデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ゲームデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

ゲームデザイナー 仕事の年収・月収

所属する会社の規模にもよって収入に大きな差がありますが、平均値を取ると年収で約300万円、月収では25万円前後のようです。
年収で見た場合、約200~600万円となっており、大変に幅のある職業のようです。
ゲームデザイナーの場合、会社によっては手がけたゲームが完成した際にボーナスが支給される場合があり、それが他の職業とは若干異なる点といえます。

スポンサードリンク

ゲームデザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、ゲーム業界は苦境を迎えているといえます。以前に比べ個人の価値観や趣味が多様化しており、ゲーム以外にも娯楽が世の中にあるため、相対的にゲームが売れなくなっているためです。
ですがその分、スマートフォンなどにプラットフォームを移す形でゲームそのものは存在しつづけており、今後もゲームという娯楽そのものがなくなることは考えにくいといえます。
そのため、今後もゲームを作るゲームデザイナーは消えない職業といえます。ある意味ではIT産業といえなくもないので、この世からITが無くならない限り、消える職業と言われることはないでしょう。

ゲームデザイナー 仕事の将来性・安定性

安定性に関して言えば、ゲームデザイナーは会社員の場合がほとんどなので、それなりに安定した立場と言えます。中にはフリーで働くゲームデザイナーの方もいらっしゃいますが、その場合は経験と実績がなければ中々安定した収入を得ることは難しいといえるでしょう。
将来性に関してですが、現在ゲーム業界は様変わりしつつあり、以前と比べて発売されるゲームが変わってきている傾向があります。そのため、ゲームデザイナーに求められるスキルも若干様変わりしてきており、その状況に対応出来るゲームデザイナーであれば、実績を積んで収入アップも見込めるといえます。逆に言えば、昔ながらのゲームデザイナーのままでは、今後生き残ることは難しいといえるでしょう。実際に、過去に沢山の名作を生み出したゲームデザイナーが現在の流れに対応できず、仕事を続けることが困難になるケースが現在増えているようです。

ゲームデザイナー 仕事のやりがい・本音

一本のゲームを作り上げるという仕事は、非常に大変な作業です。それこそ締め切り前には連日の残業、場合によっては徹夜が続く場合もあります。
だからこそ、自身が携わった作品が完成しそれが夜に出た時の喜びは絶大なものです。そしてそれが大ヒットにつながった場合は言葉に表す事ができないほどのやりがいとなるでしょう。
ですが、その労働時間の長さや収入の低さに悲鳴を上げる人も少なくないようです。離職率も決して低くない点から、そういうブラックな所に不満を感じるという本音も見え隠れしています。

ゲームデザイナー 仕事の良い点

まず、業界全体に若い人が多く、若い人が活躍しやすい土壌になっている点があります。ゲームデザイナーになって間もない人が大ヒットゲームを生み出し、その後社長に就任する、もしくは独立して会社を立ち上げる…といったことが非常に多い業界です。若い人にとっては非常に良い点といえます。
また、ゲーム制作会社は社内設備が充実している傾向があります。最新のパソコンやゲーム機はもちろんのこと、会社によってはシャワー室や仮眠室が完備されている場合もあります。残業や徹夜仕事が多いこの仕事にとって、それは良い点といえるのかもしれません。

ゲームデザイナー 仕事の悪い点

やはりクリエイター職の宿命なのか勤務時間が長い点が悪い点といえます。締め切り前にもなると残業や徹夜仕事が当たり前の状態となります。若い人材が活躍する業界ではあるのですが、それはこんなところが理由だったりもします。
特に昨今では、ゲーム市場の縮小とそれに伴うゲーム制作の変化などにより、ゲームデザイナーに求められる仕事が変わってきており、以前活躍したデザイナーの人たちの経験が通用しなくなってきています。それもまた、悪い点といえるのかもしれません。

ゲームデザイナー 仕事の内容

『ゲームデザイナー』という言葉の定義自体がかなり曖昧な定義となっていますが、一般的には『ゲーム制作に携わる職業全般』を指す言葉として使われています。
ゲームデザイナーの仕事の内容は多岐にわたっており、ゲームのシステムを考え企画書を作成して企画を通す、ゲームのグラフィックをデザインする、シナリオを考え世界観を構築する、ゲームのプログラムを構築する……など様々です。
昨今では映画並の開発規模を誇る大作のゲームも数多く発売されており、そういったタイトルの場合は完全に分業で制作されています。
ゲーム開発を総合的にプロデュースし、ゲーム制作のディレクター的役割を担う人のことを『ゲームデザイナー』と呼ぶ場合もあります。その場合はゲームシステムのアイデアを出し、企画を通して、開発現場でチームをまとめあげるのがゲームデザイナーの仕事となります。

スポンサードリンク

ゲームデザイナー 仕事に必要な資格

ゲームデザイナーになるために必要な資格は特にありません。
なり方ですが、もっとも一般的なのは大学や専門学校で必要な知識を吸収した後にゲーム開発会社に就職することです。
昨今ではゲーム制作も完全に分業されている場合がほとんどですので、自身がゲームのどの部分に関わりたいかによって、進学する学校を選んだほうが良いでしょう。
また、自分自身でプログラムを組み、それをネット上などで発表したことがキッカケで、ゲームデザイナーとして制作会社からお声がかかるケースもあるようです。
今も続く大人気タイトル『ドラゴンクエスト』の生みの親である堀井雄二さんですが、元々はフリーライターとして活躍していたそうです。その後ゲーム会社のプログラムコンテストに自身が作ったゲームを出品し、入賞したことがキッカケでゲームデザイナーとしての道を歩み始めたとのことです。

ゲームデザイナー 仕事に必要なスキル

まず必要になってくるのは、何事に置いても興味を持てる感性です。万人に受け入れられるゲームを制作するためには独自の感性はもちろんのこと、多くの人に受け入れられる感性のゲームを思いつく事ができるスキルも必要になってきます。そのためには、色々なものに興味を持てる感性が大切です。
今も続く人気シリーズ『ポケットモンスター』の生みの親である田尻智さんは、幼いころから昆虫が大好きで『昆虫博士』と呼ばれるほどでした。その経験をゲーム作りに活かしてポケットモンスターという名作が出来たと言われています。
また、体力があり粘り強く働けることも必要です。昨今では一本のゲームを感性させるのに2,3年かかることも珍しくなくなっています。その間、一本の作品の制作に関わり続けるのは非常に大変です。その重責に負けない体力と責任感が必要なってきます。

ゲームデザイナーの仕事のまとめ

一時はIT産業の華とまで言われたゲームデザイナーですが、現在では市場も縮小し、ゲームデザイナーの仕事内容も様変わりしているのが現状です。
ですがゲーム自体は相変わらず大切な娯楽産業として定着しており、それを制作するゲームデザイナーは今後も存在し続けます。
また、現在ゲーム産業は世界規模で展開されており、世界中から愛されるゲームを作れば、それが実績となり、名声や収入として跳ね返ってくる職業でもあり、やりがいはとても大きい職業といえます。
現在は日本のゲーム産業は世界に押され気味ですが、それでもマリオシリーズの生みの親である宮本茂さんのように、なお世界のゲーム業界に影響を与え続ける方もいらっしゃいます。世界的な産業だからこそ、世界を相手に戦える職業というのが、ゲームデザイナーという仕事のまとめといえるかもしれません。

スポンサードリンク

ゲームデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング